【名古屋】分譲住宅(建売住宅)の購入をおすすめしたい人気住宅メーカーランキング!理想のマイホームを持ちたい方は必見!

名古屋市の分譲住宅の費用相場―人気エリアや間取りごとの目安

公開日:2021/03/15  最終更新日:2021/02/08

中部地方の中心地区となる愛知県の県庁所在地である名古屋市は、関東と関西のどちらの大都市に行くにも便利な場所です。そんな名古屋市に分譲住宅を買いたい場合、何を目安にすればいいのかが大きな問題といえます。名古屋市で分譲住宅を購入する際、人気エリアや間取りの広さといった要因を踏まえながら、費用相場を探ります。

区によって大きく異なる分譲住宅の値段

愛知県西部に位置する県庁所在地である名古屋市は16の行政区にわかれており、それぞれのエリアで分譲住宅の値段が大きく異なります。値段が最も高い傾向にあるのは、市内で最も小さな区である東区です。もともとは尾張名古屋の中心地として武家屋敷が並び、名古屋の発展の拠点となったエリアです。数多くの歴史を残しつつも、レジャー施設から大規模な商業施設まで数多くあり、生活するのに非常に便利なことが費用相場を大きく押し上げている要因です。

次いで、昭和区も分譲住宅の購入先に人気です。周辺の区に大学が多く、学生街として教育を重視する際にメリットが大きいことと、閑静な住宅街が広がっているのが要因に挙げられます。瑞穂区は閑静な住宅街が広がる中に市内有数のスポーツセンターや文化施設が数多くあるため、教育にも適したエリアです。子育てからお年寄りの健康管理にも当てはまる要素を持つ街となっており、豊かに落ち着いて暮らせることも人気となっています。

人気スポットも多く、繁華街として名古屋の中心といっても過言ではない中区だけに、住宅の値段は高めです。観光客が多く訪れることから都市機能が発達している一方で、もともとは城下町で栄えた歴史から、下町情緒あふれる魅力が一体となってます。利便性が高いながらも、ただ慌ただしいだけの街ではないことが、暮らしの街として人気がある理由でしょう。

エリアによって費用相場はどのくらい異なるのか

名古屋市で分譲住宅を購入する際の費用を検討するにあたって、各区ごとにかなり値段の隔たりがあることを考慮し、予算から場所を絞りこむという方法があります。先述したように、最も分譲住宅の購入費用相場が高めな東区の場合、平均の費用相場はおよそ6,000万円台です。昭和区と瑞穂区は5,300万円台、中区は4,800万円台といったところが相場となっています。

ただ、この費用相場は平均相場であり、間取りは考慮していません。したがって間取りによっては、もともとの購入価格が高いこれらの区域でも、予算の範囲内に収まる住宅を見つけることができるでしょう。

因みに名古屋市内で最も分譲住宅の購入価格が低いエリアは港区で、平均価格は2,800万円台です。港区は南西部に位置し、名古屋港を中心に大規模商業施設が広がっています。名古屋港からは観光用のクルーズ船や、貸し切りで楽しめる遊覧船が数多く出ており、水族館や海洋博物館などの観光施設も充実しているエリアです。

古くは日本での貿易の拠点として活躍した港町で、東海地方で最も規模の大きな商業施設も港区にあります。こうした商業経済の拠点の街として発展してきたことが、逆に住む場所としてのニーズを低くしたといえるでしょう。実際、港区近隣にある中川区はベッドタウンとして開けていることから、むしろ賃貸需要が多いといえます。

最も小さい間取りと大きな間取りの差は

分譲住宅の費用相場は、エリアはもちろんですが間取りによっても大きく変わってきます。もともと平均的な費用相場が高めな昭和区は、間取り3DK以下の分譲住宅の数が一番多く、平均価格も5,000万円台とかなりアップするのが特徴です。逆に、間取りが5LDKを超える大きな住宅の価格は瑞穂区が最も高くなり、価格は2億円近くにまで跳ね上がります。

さらに特徴的なのが、あらゆる間取りの費用相場を見た場合に最も高かった東区では、3DK以下と5LDKに該当する物件がほぼないことです。東区の間取りは4LDKから5LDKが主流で、価格は5,600万円台となり、名古屋市内で一番高いエリアに躍り出ます。

また、名古屋の行政区すべてに共通するのが、間取りによって分譲住宅の数自体が大きく異なる点です。したがって住みたい街と間取り、そして住宅を購入するための予算の3つを考慮してどこを選ぶかを考えなくてはなりません。エリアが気に入っても間取りが合致しなければ、他のエリアを探す必要も生じてくるでしょうし、購入資金との兼ね合いもあることから、バランスよく検討していくことが求められます。

名古屋市で分譲住宅を購入するにあたっては、エリアを最優先にして考えるか、それとも生活に合った間取りを満たす住宅を探し、お気に入りの物件がある街を住まいの拠点とするかになってくるのではないでしょうか。

 

名古屋にある16の行政区それぞれで街の特色が異なり、それにともなって住宅の販売価格も大きく変動することがわかりました。地区の特色が影響しているケースと間取りが価格を左右するケースの両方が考えられるため、どちらを優先するかがマイホーム購入のカギを握るでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

名古屋の分譲住宅(建売住宅)メーカーランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名クレストンホームエサキホームウッドフレンズ玉善アールプランナー(アールギャラリー)
特長マイホームに屋上庭園!贅沢な空間で夢のような時間20帖以上のリビングなどゆとりある間取りが人気木にこだわった圧倒的なコストパフォーマンスの家100年先も安心して住めるこだわりの家分譲マンションなのに一棟ずつオリジナルの設計プラン
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく