【名古屋】分譲住宅(建売住宅)の購入をおすすめしたい人気住宅メーカーランキング!理想のマイホームを持ちたい方は必見!

若いうちにマイホームを買うのはあり?メリットや注意点を解説!

公開日:2023/12/15  最終更新日:2023/07/05

?

年齢が若い段階で自分の住宅を持ちたいと考えている人は、メリットやデメリット、注意点を理解しておくことが重要です。住宅を購入する際には、年収や勤務先、勤務年数などが確認されますが、若い年齢であることが理由で住宅購入が制限されることはありません。実際に、年収500万円あれば、新築一戸建てを郊外で建てることができるでしょう。

住まいは若いうちに購入するほうがいい?

若いうちに住宅を購入することは、いくつかのメリットがあります。注意点も存在しますが、まずはメリットについて見てみましょう。

住宅ローンが長く組める

若いうちに住宅を購入すると、返済期間を長く設定することができます。これにより、無理のない計画を立てることができ、将来のライフプランに柔軟に対応できるでしょう。

健康であれば団信への加入が比較的容易になる

住宅ローンを支払っている人が死亡したときなどに、住宅ローンの支払いが免除される団信への加入が比較的容易になります。健康であることが条件なので、若い頃のほうが問題なく加入できるでしょう。

借入金額が少ないので負担が少ない

若い頃は借り入れできる金額が少なく、負担が少なく済みます。これにより、車の維持費や子どもの教育費などほかの負担とのバランスを取りながら、住宅ローンを返済することができるでしょう。

中年期に収入が増加すると繰り上げ返済が可能になる

将来的に収入が増加する可能性がある中年期になると、繰り上げ返済が可能になります。これにより、住宅ローンを早期に返済し、利息を削減できるでしょう。

若い頃から信用を獲得できる

住宅を購入することで信頼度が高まります。住宅ローンの審査を通過していることは、勤務年数や収入に問題がないことを証明できるのです。

若い頃から資産が得られる

住宅は資産としての側面もあります。若いうちに購入することで、将来的にマイホームを売却したり、現金化することができるメリットがあります。

老後の資金を貯められる

若い頃に住宅を購入すると、定年退職するまでに住宅ローンを完済できる可能性が高まります。その分、老後の資金を貯められるので生活にゆとりが生まれるでしょう。

若いうちに住宅を購入するときの注意点

次に、注意点についても考慮しましょう。

住宅購入後のライフプランが立てにくい

若いうちは将来的なライフプランが明確でない場合があります。子どもの人数が増える可能性や転職・転居の可能性など、将来の変化を予測しづらい状況です。住宅を購入する際は、将来の変化を考慮した間取りや柔軟なプランを選びましょう。

長期返済による住宅ローンの利息が大きくなる

若い頃は収入が限られているため、住宅ローンの返済期間を長く設定せざるを得ない場合があります。長期返済により利息が増え、総支払額が増加する可能性があるのです。一方で中年期に住宅を購入すると、収入が増えて返済期間を短く設定できるため、利息を抑えることができます。

住宅ローンの月々の支払いはいくらになるのか

毎月の住宅ローンの返済額を決定する際には、自身の生活費や必要な経費などを考慮して慎重に計画を立てる必要があります。こちらでは、具体的な方法と注意点をご紹介しましょう。

ライフプランの立案

まずは自身の将来のライフプランを明確にしましょう。結婚や子育て、教育費など将来的な予定や支出を把握しておくことが重要です。

返済可能額の算出

自身の年収や家計の収支を基に、月々の返済可能額を算出します。返済額が生活費に適切に組み込まれているかを確認しましょう。

借入可能額の検討

年収500万円の場合、最大で4,000万円の借入が可能ですが、実際には現実的な借入金額を考慮する必要があります。一般的には2,750万円から3,650万円程度が現実的とされているのです。

返済額の決定

借入金額を考慮し、月々の返済額を決定します。一般的には月額8万円から10万円程度が適切とされていますが、ライフイベントによって返済額が変動する可能性があるため、具体的なライフプランを作成してから返済額を決めましょう。

金利上昇時には借り換えなどで対応しよう

現在、住宅ローンの金利は一般的に年利1%を下回る水準となっています。しかし、将来的に金利が上昇する可能性を考慮し、借り換えなどの対応策を検討することが重要です。こちらでそのメリットを解説しましょう。

返済負担の軽減

金利が上昇して返済負担が増えたと感じた場合、借り換えにより負担を軽減することができます。低金利のローンに借り換えることで、毎月の返済額を抑えられるでしょう。

不安解消

金利が上昇するというリスクに対して不安を感じる場合、借り換えによって固定金利型のローンに移行することで、将来の金利上昇の影響を緩和することができます。安定感を得ることで心理的な安心も得られるのです。

選択肢の多様性

現在はさまざまな金融商品が存在しており、借り換え先を選ぶ際に選択肢が広がっています。自分に合った条件や金利の商品を選択することで、最適な借り換えが可能となるでしょう。

まとめ

若いうちに住宅を建てる場合、収入が少ないことが一般的ですので、自分が望む理想の住宅を購入することが難しいかもしれません。しかし、住宅ローンを早く完済することや老後の資金を貯めること、若いときから資産を築くことなど、多くのメリットが存在します。そのため、興味のある方は若いうちに住宅を購入することを検討してみましょう。また、住宅を購入してから時間が経った後、リフォーム業者に依頼することで、理想の住まいを実現するという方法もあります。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
分譲住宅(建売住宅)コラム

名古屋の分譲住宅(建売住宅)メーカーランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名クレストンホームエサキホームウッドフレンズ玉善アールプランナー(アールギャラリー)
特長マイホームに屋上庭園!贅沢な空間で夢のような時間20帖以上のリビングなどゆとりある間取りが人気木にこだわった圧倒的なコストパフォーマンスの家100年先も安心して住めるこだわりの家分譲マンションなのに一棟ずつオリジナルの設計プラン
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく