【名古屋】分譲住宅(建売住宅)の購入をおすすめしたい人気住宅メーカーランキング!理想のマイホームを持ちたい方は必見!

分譲住宅は子育て世代にこそおすすめ!その具体的な理由とは?

公開日:2022/01/15  最終更新日:2022/03/23


住まいや周辺の環境は、子どもにとってよくも悪くも大いに影響してきます。子育ては住みやすい環境で、安心・安全に行いたいものですよね。実は、子育て世代こそ分譲住宅がおすすめなのです。今回は、なぜ分譲住宅が子育て世代におすすめなのか、その理由と、分譲住宅を購入する際に重視すべきポイントについて説明します。

周りの住宅環境によって子育てのしやすさは大きく違う!

子育てのしやすさは、住宅環境によって大きく左右されます。小さい子どもを抱えて生活することを考えれば、生活面でも交通面でも利便性のよい立地が一番よいと思うかもしれません。

しかし、必ずしもそうとは限らないのです。たとえば、駅まで徒歩数分の住宅地でも、周辺が繁華街だったらゴミが散乱していたり悪臭がしたりと衛生面の問題や治安を含む防犯面の心配が生じます。親としては、子どもを治安の悪い環境下に住まわすことは避けたいところです。

また、線路に近い場所や、交通の通りが激しいところでは、常に外から生活音が聞こえてきて落ち着くことができず、学習面や成長に影響を及ぼすこともあります。住宅環境は子育て世代にとって、もっとも重要といえるでしょう。

分譲住宅は子育て世代にこそおすすめ

分譲住宅は子育て世代にこそ最適といえます。なぜおすすめなのか、詳しく見ていきましょう。

ローコストで子どもの教育費も安心

分譲地は、もともと田畑など宅地ではなかった土地を区画整理し、同じような家をいくつも建てるのが一つの特徴でもあります。同じ資材を大量に調達して同時期に建築を進めていくので、売り出しも注文住宅と比べて安くなり、住宅購入費を抑えることができます。これから教育費がかかっていく子育て世代には、コストを抑えられるのは嬉しい限りですね。

周りを気にせず子育てを楽しめる

子どもの鳴き声や走り回る音など、マンションやアパートに住んでいると常に気を使いながら生活しなくてはいけません。しかし、戸建ては窓を閉めていれば生活音はほとんど気になりません。もちろん常識的な範囲で気遣いは必要ですが、「走らない!」「静かにして!」とガミガミ叱る必要がなくなり、親子ともどものびのびと生活ができます。

契約から入居まで短期間で住める

分譲住宅はあらかじめ間取りも決まっているので、注文住宅と違い、着工から完成まで時間がかかりません。契約から入居までもスムーズに行えることから、小さい子どもを連れて住宅メーカーに何度も打ち合わせをしに行く必要がありません。

出入り可能な道路が限定されているので、交通面の危険が少ない

分譲住宅地内は、出入り可能な入口が決められているところが多く、道路を利用するのもほとんどが近所の方ということもあります。車が途切れることなく通り過ぎる、スピードを出して通るなどの心配もありません。

分譲地区内でご近所コミュニケーションが取れる

分譲住宅は、ほとんど同じ時期に入居する世帯が多く、子育て世代が多いため自然と良好なコミュニケ―ションが取れます。子どもたちも小学校・中学校と同じ学区のため、仲よくなれると安心するでしょう。

子育て世代が分譲住宅を購入する際に重視するべきポイント

実際に分譲住宅を購入するとしたら、どのようなことに気を付ければよいかをまとめました。

生活面の利便性をチェックする

分譲住宅区内から、スーパーやコンビニが近くにあるか、小児科や歯医者、耳鼻科などすぐかかりつけられる病院やクリニックがあるか確認しましょう。また、保育園・幼稚園も近隣にあるのか、小学校・中学校は徒歩で行ける距離内かを確認することも大切です。

住宅購入だけに満足してしまい、後々調べたら小学校まで1時間近く歩いていかなければならない、なんてことになってしまったら大変です。「ここに住んだら…」と実際住んでみたらどうなるのか予想しながら物件探しをしましょう。

子育てしやすい設備が整っているか

住宅内に歩行を妨げるような段差はないか、建具やドア、サッシは子どもの指を挟み込まないよう対策がしてあるかなど、子どもが事故を起こしにくい仕様であるかを重点的に確認しましょう。キッチンから子どもの様子を確認できる対面キッチンや、収納にゆとりがあるか、浴室と脱衣場、トイレの位置など、家事と子育ての動線を頭に入れながら見ていくとよいでしょう。

将来を見据えた間取りであるか

子どもは成長していくにつれ、プライベートの空間を欲しがるようになります。子ども部屋がある場合は、学習スペースや家具の配置場所を確認し、成長に合わせた間取りに変更できるか確認しましょう。

周辺環境や災害についてよく調べる

県や市のハザードマップで、購入を考えている土地の災害状況をよく調べましょう。万が一災害が発生した場合、避難所が近くにあるのかも調べておくとよいですね。周辺環境の問題は、長く住み続けるためには欠かせない大切な情報です。一般的に内見するのは日中がほとんどだと思いますが、ぜひ、夜間の時間帯も確認することをおすすめします。

さらには、雨の日にも周辺を確認しに行くことがおすすめ。晴れの日には気付かない雨の水はけや、冠水状況などを知ることができます。住んだ後に「こんなはずじゃなかった」なんてことにならないよう、気になる点は下調べしましょう。

 

子育てにおいて住宅環境はもっとも重要です。周辺の利便性、安全面などトータルから見て、分譲住宅は子育て世代にピッタリ!同時期に子育て世代のご家族の入居が多いことから、新しい近所付き合いも始まります。ぜひ、お気に入りの分譲住宅を見つけてくださいね。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧

名古屋の分譲住宅(建売住宅)メーカーランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名クレストンホームエサキホームウッドフレンズ玉善アールプランナー(アールギャラリー)
特長マイホームに屋上庭園!贅沢な空間で夢のような時間20帖以上のリビングなどゆとりある間取りが人気木にこだわった圧倒的なコストパフォーマンスの家100年先も安心して住めるこだわりの家分譲マンションなのに一棟ずつオリジナルの設計プラン
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく